アクリルキーホルダー各種

1個からご注文可能!
アクリル製の透明な板にUV印刷を行い、レーザーカッターで型抜きをしています。 どんな形にもカットができるので、デザインの幅が広がります! ノベルティとして、団体・チームのグッズとしても活躍すること間違いなしです。

片面印刷・両面印刷のいずれかからご選択いただけます


シンプルな片面印刷タイプと、本格的な両面印刷タイプの2種類からお選びいただけます。
両面印刷タイプなら反対面を異なるデザインにできますので、デザインの幅も広がります!



商品一覧
  • 50mm50mm片面
  • 50mm50mm両面
  • 50mm75mm片面
  • 50mm75mm両面
  • 75mm75mm片面
  • 75mm75mm両面
  • 75mm100mm片面
  • 75mm100mm両面
  • 100mm100mm片面
  • 100mm100mm両面

入稿データ作成時の注意事項
  • テンプレートについて

    各商品ページに専用テンプレートがありますので、「デザインレイヤー」「カットパスレイヤー」「ホワイト版レイヤー」にレイヤーが分かれていますので、それに合わせてデータを作成してください。
    ※各レイヤーは、結合せずにそのままご入稿ください。
    ※両面印刷の場合は、「裏面レイヤー」を追加してください。裏面デザインは左右反転してください。

  • カットパス作成注意点

    .ットパスは、必ずデザインのレイヤーと分けて作成してください。
    ・カットパスの色は何色でもかまいません。
    ・カットライン付近(内2mm以内)にはデザインや文字を入れないでください。カット時のズレにより文字やデザインが切れてしまう可能性がございます。

    ▲ットパスは一筆書きの、線が交差しない閉じた図形でご指定ください。
    ・「効果」メニューの「スタイライズ」での角丸は、カットに反映されません。カットパスはフィルタを使用せず実線のみで作成してください。
    ※複雑な切り抜き、鋭い角度のカットがあるものは不可能な場合がございますのでご注文前にお問い合わせください。
    ・ストラップを通す部分は9mmの円に直径3mmの穴をあけ、カットパスが穴に接するように作成してください。
    ・エッジの厳しい部分や幅の細い部分は、弊社で若干の調整を加える場合がございますので、あらかじめご了承ください。

    ※フチなし印刷はできませんので、カットラインは絵柄の輪郭より2mm以上はなしてください。

  • 白インク作成について

    ・白インク使用には、デザインレイヤーとは別レイヤーで、黒(スミ)100%のホワイトレイヤーを必ず作成してください。
    ・白インクはグラデーションのようなきれいな濃度差は表現できません。基本的には濃度100%をおすすめいたします。
    ・1mm以下の線や鋭い角度のある部分は正確に出力されず、透けが生じてしまう可能性があります。デザインにゆるやかなアウトラインの背景を置くなどの処置をおすすめします。

入稿データ作成時の注意事項
細かい部分があるデザインについて

1mm以下の線や鋭い角度のある部分は正確に出力されない可能性があります。 デザインにゆるやかなアウトラインの背景を置くなどの処置をおすすめします。




・ひとつひとつ検品を徹底しご納品いたしますが、仕上がりにおいて個体差がみられる場合があります。あらかじめご了承ください。
・製作には万全の態勢で取り組んでおりますが、傷、汚れ、欠損などの初期不良品以外での交換・返品はいたしかねます。あらかじめご了承ください。
・シビアな部分が含まれるデザインをご希望の場合は、一度ご相談をいただくか、色校正にて仕上がりをご確認いただくことをおすすめします。



[会社概要][特定商取引法に関する表記][プライバシーポリシー]